愛得からの言葉

二四季は、私や私の家族が自ら開いた処ではなく、愛得という私の魂に重なった光から頼まれたことで、二四季を開いたということは、以前お伝えしましたので、皆さま、ご存じと思います。

ここまでの道のりは、この世界をまったく知らない主婦の私には本当に厳しくて、何度もくじけそうになるのですが、その度に愛得ちゃんや他の光たちが励ましてくれたこともあって、なんとか今まで来ています。

私自身がどのような状況であっても、二四季に来て下さる方々には私の状況など関係ありませんので、どんな時でも、どんな状況でも、いつも人に優しく、穏やかに、にこやかに接したいと思い、ある意味、自分に対して厳しくしながら、精進しながら鑑定をしています。今でもその気持ちは変わらなく、これからもその気持ちで鑑定などしていきたいと決めていますが、それでも愛得から言われたことがあります。

「もう、自分に厳しくしないで・・・」

「これからは自分の魂の叫びに耳を傾けて、そして魂の叫びを聞いたら、素直に受けとめて実行してあげて・・・それで良いのです。」

「今ようやく時代は変わり、過去の時代はスピードをあげて離れています。あなたの過去の時代も離れています。もう新しい時代ですから、新しい時代を感じるためにも、新しい意識で暮らしていきましょう。これからの二四季は、あなたの心、魂で感じた感覚を優先していくことにします。ですからもう、我慢や辛抱ということから離れて、人から見て我儘、自己中だと思われても大丈夫です。あなたの感性を信じて、堂々と生きていきましょう。そんなあなたの伸び伸びした人間性が、人の心を良い方向にさせていくのですから・・・また、そのあなたは愛得そのものとなるのです。」

今まで私は愛得の想いを聞いて、そして愛得の願いを叶えるために、私は自分の心また自分の魂の叫びを無視してでも、とにかく自分が出来ることを一生懸命にやってきたようです。愛得に自分の人生すべてを捧げようと思い、とにかく無我夢中になって、夜も寝れない時も多いですが、それでもこれは私が決めた人生として、頑張って暮らしています。

早いもので、このような生活は約14年続いています。私は生涯ずっと、このような人生を暮らしていくものと思っていましたが・・・新しい時代に突入したことで、長年の意識にピリオドを打つことになりました。

愛得からの言葉に感謝しています。