マデリックの頃の記憶・・

夫のお盆休みが始まりましたので、今日からしばらくは朝の時間がのんびりでき、嬉しいです。

午前中は雨が降っていましたが、今は青空も見えてます。

昨日は名古屋で、かなりの大雨が降ったそうです。こちらも遠くでゴロゴロと聞こえてきたので、警戒しましたが大丈夫でした。

愛得が来てから、愛知に台風が接近すると言われていても、来なかったり、来ても、あっという間に行ったりで・・・とくに私がその日に用事があって、心配していると愛得が「お母ちゃん、この台風は来ないからね、大丈夫だよ~」って、言われた時も何度もありました。

天気予報では、確実に接近するといわれていた台風または大雨でしたから、大丈夫ってことはないよ~と、私は思っていたのですが、本当に台風または大雨は来なくて青空が広がっていたこともありました。

こんなことが何回もあり、いつも私は台風の怖い思いをしないので、愛得には感謝しています。

私は子供の頃、激しい台風の中、父の運転する車に長時間、それも夜中に乗っていたときに、その時に大きな看板が飛んできたりと、とても怖い思いをしたことがあります。

私の父は、いつも自分中心で、ほんとうに無謀な行動をとる人でしたので、子供の頃の私はほんとうに嫌と思っていましたが、親には何も言えませんでしたね。

宿題があっても、そんなことはおかまいなしで、親の用事に夜遅くまで出掛けて、付き合うことは常でした。

親の友だち家族が家に来ては、ワイワイと盛り上がって、夕飯を出していましたので、その度に私は母の手伝いしながら夕食の支度をしたり、片づけをしたり、狭い家でプライベートはない家でしたから、私は自由な時間、場所は一切ありませんでした。

ですから、いつも、帰宅した深夜に家族が寝た時間に電気もつけないで、布団の中でごそごそと宿題をすることはよくありましたね。

母は来客に対してはいつも穏やかで接していましたが、よく私には文句を言っていましたし、来客には怒れないので、その怒りの吐け口や様々な感情はいつも私が受けていました。これは母が亡くなるまで続いていましたが、今では素敵な思い出です。

今では良い思い出となっていますが、今、当時の私を思うと、ほんとうに可愛そうな子供時代だったと思います。

自分の子供にはそんな思いをさせたくないと思いながら、暮らしてきましたが・・・どうなんでしょうか?

私は自分の人生を悲しんでいて、親に対してもいつも心の中で不平不満を持っていた人間でしたが、愛得の心をもつようになってからは、両親やまわりの方々に対しては本当に感謝しています。

皆さんの愛を感じるようになった私になって、そんな自分にも感謝しています。

私は最近、スピリチュアルな考え方をするようになっていますので、そんな目線で思うのですが、私のまわりの人間関係は、ほとんど火星由来であったり、またはオリオンから来た魂に長い間、繋がっていたんだと・・・この魂たちとの関係は充分わかりましたので、これからは違う星の魂と知り合いたいな~とふと思いました。

それで、昨年秋にそれを心の芯から願ったの。

もう、これからは本来の私になって、本当の私を受け入れてくれる方と繋がって生きていきたいってね!

そしたらね・・・今の私のまわりの人間は変わってきたのよ。

金星由来の魂の人だったり、ずっとずっと以前の私がいたマルデックの時に出会った方々とも最近、出逢っていますので、その当時の記憶が徐々に甦ってきています。

あのマデリックにいた頃も、私は愛の光と重なっていて、世直しというか、地球(マデリック)直しをしようと頑張っていたようですが、間に合わなかったようで、最後の瞬間は映像でも覚えていますけど・・・核爆発、水素爆発かな?それで、この世は、すべて終わってしまったの。

今回この地球では、マデリックのようにしたくないので、私は精進し続けていきます。

そして私は魂になったら、光の世界に戻ります。