テレビはいらない!

 

皆さま、こんにちは~🙂

スピリチュアルヒーリングルーム二四季のブログにようこそ!

昨日は、お電話でお友だちとお喋りを楽しんでから、アマゾンプライムで映画「インターステラー」をみていました。この映画は、2014年公開されています。その時、私は映画館で観たのですが、観たことをすっかり忘れていました。映画の出だしの時に、この映画を観たことあるって思い出したの。

私はこの家に引っ越ししてから、一人映画鑑賞が趣味になっていまして、以前は時間ができたら即、映画館に行く生活でした。しかし今年はコロちゃんのこともあって、映画館に行くことがなくなりましたね。

アマゾンプライムで映画鑑賞も良いな~と思いました。

以前から私と娘はテレビを見ない暮らしをしていますが、最近は夫もリビングのテレビを付けないようになり、食事の際に家族の会話ができるようになりました。

テレビがついていると、ニュースから流れてくるネガティブな情報がどうしても入ってきますので、夫には食事のときはテレビをつけないでほしいと常々お願いはしていましたが、ようやくその思いが伝わったのかな?嬉しいです。

テレビが主役になっていた生活は長いし、夫は仕事から解放され楽しみはテレビを見ることだと思っていますので、実際、私も夫に合わせ、なかなかテレビから離れることができない状況でした。

それでも先日、いつもと同じようにテレビをつけながら食事をしていたの。この時の食事は娘が作ってくれたのですが、夫はそれを当たり前のように食べ、テレビを見ながら無言になって、食事をしている様子に私は疑問をもちました。

テレビのニュースからは、いつのと同じ暗い話題・・・テレビの音だけが流れる、それを無言で家族で食事する、それはテレビを見ている夫の気持ちを配慮して、私と娘の優しさの対応なのですが、そういう私と娘の夫への心遣いは、夫は当たり前と思って毎日繰り返し過ごしていると思います。

私と娘はテレビを見ている夫を思い、話をするタイミングがなくなって、食事を終えるのです。

夫の邪魔をしないようにと、食事の際は私も娘と話をしないで無言になります。

食事をし終えると夫は自室に行ったり、パソコンに向かったり、お風呂に入ったりするので、そうなるともう私も娘も、夫に話しかけることが難しくなるのです。

私と娘が話題にする内容は夫には興味のないようですし、夫にはどうでもいいことかもしれません。

夫には特にもならない話、関心のない私のどうでもいい話などを、時間に追われながら忙しく過ごす夫に悪いと思い、次の日も早くから出勤ですし、そんなことを思いながら、私はいつもいつも夫に遠慮して、配慮しながら、暮らしています。

でもね~もう、この暮らしやめました!

いつもいつも夫に気遣って、テレビに気遣いながら、話したい時に話すことができない家族関係なんて、おかしくない?

それをさせているのはテレビなんです。もうテレビの画面に大きなマスクを付けたい気持ちです(笑)

リビングの中心にテレビは配置していますので、家族みんな必ずテレビの画面は目に入りますので、その画面を利用して、大切なメモを張り付けたりしたいです(笑)

我が家にはテレビは不要と真剣に思うこの頃です。晴水