感謝、感謝で生きていきたいです。

皆さま、こんにちは~🙂

スピリチュアルヒーリングルーム二四季の羽留です🌈

午前は用事がいくつかあって、時間を気にしながら、ばたばたでしたが、順調に進みました。

昨夜、娘と夕飯していたときに・・・・先日、ご参拝した神社の奥の院のその奥からの張力なエネルギー体が私の中に入ってきて、私の声を使って、娘にお声を掛けてくださりました。

同時に今度は弁財天様にも話しかけられました。どちらも、とてもお優しいお言葉でしたよ。

そして、その瞬間から我が家と弁財天様の道が通ったそうです。

愛砂は、山の神です。私と繋がっている愛砂ちゃんは、とても可愛らしい存在ではありますが、その正体は山の神なので、不敬は禁物です。

愛得は、宇宙の真ん中にある真実の愛の光そのものです。

人間の正体は魂です。

その魂は宇宙の真ん中の愛の光が故郷だと、私は愛得から教えられました。

そして、今までのそれはそれは長い年月、魂は故郷に戻ろうとしていましたが、なかなか戻ることが叶わないまま、今に至っているそうです。

それでも、魂は諦めることもなく、いろんな体験をしながら、あれやこれやと手を尽くし、心を尽くしながら、長い旅路を歩いてきていましたが、とてつもない永遠の旅路の間、人間は自分の魂の存在よりも、感情と意識で生きていくようになり、今のほとんどの人間の魂は眠っているようです。

私自身も以前は魂のことは、まったく無視しながら生きていました。

そんな私でしたが、2003年10月12日に宇宙の真ん中の光エネルギーが突然、体の中に入り込み、そして私は苦しみました。その苦しさを分かりやすくいうと、陣痛の苦しみに近いです。

お産の場合は、子宮から膣へと向かうエネルギーですが、その時の場合は、丹田の位置から体中の毛細血管や神経を使って、強く大きく外へ広がっていくようなエネルギーが次から次に陣痛のような苦しみを伴って、体中がすごいのです。

普通の呼吸は出来ず、まさにまもなく赤ちゃんが生まれる時のような陣痛時の呼吸が果てしなく続き、とにかく私は苦しみました。5時間以上は続いたと思います。

本当になにがなんだかわからなくて・・・・ただただ、呼吸が落ち着くのを待つことしかできませんでした。

その時から、半年間くらいは、その呼吸がいつくるのか分からなく、お買い物にも気楽に行くことができませんでした。

今の私は、その意味がわかりましたので、笑って話すこともできるようになりました。

宇宙の真ん中のエネルギーを受けると、人間は誰でもあんなふうになるのです。

私自身、生まれる前から、生まれてからも、また結婚後も夫との関係、子育ての悩み、親との確執やら多くの困難での人生を送ってきていますが、いつも感謝だけは持とう、腐らずに暮らしたいと強く思い、必ず、天は私を見ていて下さると強く信じて生きていました。

いろいろあっても、それなりにポジティブに生きてきたと思います。

そんな私の信念が宇宙の真ん中まで届き、そして、私は宇宙の真ん中のエネルギーを引き寄せたということですから、これは凄いことと自分ながらに思っています。

それでも、宇宙の真ん中のエネルギーは、これはもの凄い最大なエネルギーですので、そのエネルギーがほんの少しでも重なった場合、普通の人間なら倒れてしまうほどのエネルギーだそうです。

私は本当に死ぬかと思ったほどですよ。

しかし私は生きています。

昨夜、私に重なったある神社からのエネルギー体もそれはそれは凄まじい迫力でしたので、じつは今日の私は、かなり影響を受けていますが、それでも元気です。

もう本当に神社のパワーは、かなり凄いです。下手すると命取られます。これは、体感しないと分かってもらえないですね。

とにかく最大なる感謝心で生き抜くことを私は実行したいのです。

その私の感謝心は宇宙の果てまで広がっていると愛得から言われていて、また感謝です。

これからも感謝、感謝の人生を送っていきたいです。羽留🌈