無視できない・・・

 

皆さん、こんにちは~晴水です🙂

昨日は夫婦でランチに、久しぶりにお肉を・・・お腹いっぱいになりました~ごちそうさまでした。

 

お出掛け先では、お店に入店するたびに消毒するので、良い菌までいなくなってしまい、それが手荒れの原因になっています。

ですから帰宅後、バクチャー水槽水を手のひら、首もと、顔や腕にもばちゃばちゃと付けて、私に必要な常在細菌を活性化させています。

細菌もウイルスだって、この世の中に存在しているということは何か意味があって、この世界のバランスをとっている大切な存在と思っているので、必要以上に殺菌してはいけないと思うのです。

それでも、出掛ける先で殺菌スプレーをありがたく使わせていただいていますが・・・それでも、スプレーはほんの少し使うだけです。

お家の中ではそれほど殺菌はしないで、常在菌、微生物を大切にする暮らしをしています。

多くの人はコロナの感染を恐れてますし、もしも自分自身が知らず知らずのうちに感染していて、それで他人に感染させてしまったらいけないと思って、だから早くコロちゃんのワクちゃんを打ちたいと思っているようですね。

そのようなお気持ちになることは、とても分かります。

ここに来て、私の身近な方からのワクちゃん接種された方からの話、2回目接種後の反応の様子を教えてくれる方がいらっしゃるので、改めて、ワクちゃんのことを思ってしまいます。

ワクちゃんの接種は、本当に大丈夫なのかしら・・・?

あちら側の罠にはまってしまう人が本当に多いし、あちら側の本気さもひしひしと伝わってきます。

愛得は言います。「人は皆、目的をもって生まれてきているのよ~」って。

ワクちゃんを打った人は、体の中に毒を入れたら人間はどんな状態になるのかを身をもって伝えてくださる方なのかもしれません。

子宮頸がんワクチンを接種された若い女性の中では、接種後にほんとうにお辛い状態になられ、今も大変な思いで生きている方が大勢います。

今回のワクチンを接種された方のなかでも、強い副反応で今も苦しんでいられる人が世界中に沢山います。

しかし、そのような状態になった人がいることをテレビなどでは一切伝えていないのです。

ワクチンについて長年研究されている専門家からは、このワクチンはとても危険、今すぐに中止するべきと言っています。

私はもう、この話題から離れたいのですが・・・それでも私は皆さまの幸せを心から願っていますので、無視することができないのです。

最後まで読んでくださり感謝しています。